弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

車いすに乗ってみて見えたもの

足の親指の爪が4分の1ほどですが剥がれてしまったので、とても痛く日々の生活に支障をきたしております。昨日は、ちょっと無理をして歩いてしまったばかりか、帰宅途中に幹部を強打してしまい悶絶しました(笑)。そんなわけで今日は予定を色々と変更し、少しばかりの買い物をした程度で、外での冬支度の作業が全然捗りませんでした。買い物に行った際は、あまりの痛さに車いすを利用したほどです。すると今まで見えなかったものが色々と見え、大いに学ばせてもらいました。そんなお話。

買い物に行ったのは大型スーパー2店。最初に行ったほうでは、車いすで入れない売り場がたくさんありました。メインの通路は大丈夫でも各売り場内の通路が狭すぎて車いすではムリでした。

また、ATMを利用してお金をおろしたのだけれど、普段は低すぎるくらいに思っていたATMの操作パネルの位置が高く、画面が反射してとても見にくいんです。それはもう、押し慣れているはずの暗証番号を押し間違えてしまうほどに。

また、すれ違う人達の過剰な反応と視線を感じました。車いすを利用しているとまず足に目が行くようです。骨折しているわけではないのでギプスもなく、包帯でグルグル巻きにしているわけでもない私の足。今は爪が剥がれた部分にワセリンを塗布したガーゼを当てて保湿に努め、そのガーゼをネットで固定しているだけなので靴下はなんとか履けます。ただ靴が履けないのでサンダルですが…。「どうしてこの人は車いすを使っているのだろう?」と気にしている様子を、あからさまに感じました。

とかく人の気持ちは同じ立場になってみないと分からないものです。いや、同じ立場にそれを痛切に感じた1日となりました。

本当は歩くのもツライのだけれど、足をかばった歩き方をしているうちに、爪がはがれた左側の腰まで痛めてしまいました。あまつさえ、剥がれた部分の爪が伸び始めていて爪よりちょっとだけ盛り上がった状態の肉を圧迫し始めたようで、前より痛みがあります。早く傷の部分に皮がはってくれるとありがたいのですが。

そうそう。薪をカットする作業はできず。カット済みの薪の袋詰めすらできず、これは妻にやってもらいました。その時に私にできたのはダンボールをちぎって焚き付けを作ることくらいなもの。ですが2重になったバナナのダンボールは強敵でした(笑)。

やろうと思っていたタイヤ交換もできず。今年はガソリンスタンドでやってもらうしかなさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

過去の日記はこちら

キーワードで検索