弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

帰ってきたiPhone 3GS…

IMG_2348
妻が音楽を聴くために使っていたiPhone 3GSがバッテリーの盛り上がりによって壊れ、Appleに回収してもらったのは先週のお話。交換によって新しいiPhone 3GSが数日後に届いておりました(早い!)。開けてみますと…妻が使っていたのと同じ32GBの3GSホワイト。ただし新品なのでピカピカ! これって音楽を聴くためだけでなく、まだまだ現役で戦えるシロモノですよね。とは言え、妻は現在使っているiPhone 4Sで音楽を聴く環境を整えているので、3GSはもはや不要のようです(笑)。どうしますかね。とりあえず使わずにとっておくのもよいかもしれませんね。設定だけは済ませちゃって。

今回、妻の3GSはバッテリーの劣化が原因とされ、6800円で新品に交換となったわけです。当初は交換せずそのまま捨てちゃおうかとも思ったのだけれど、6800円で購入できる音楽プレイヤーでiPhone 3GSより優れたモノなんてないですからね。iPod touch的な使い方ができるわけですから、あってもきっと無駄にはならないと思うわけです。

さて、最初はSIMカードを入れずにiTunesに接続したのだけれど、エラーが出てアクティベートできませんでした。iOSのバージョンは6でした。さっそくiOS6.1にアップデートしました。本来の最新バージョンは6.1.1ですが、これはiPhone 4S用のものらしいです。

それから、たたみかけるようなコンボ技で滑らかにJB。今のところ使い道はなくても、とりあえず、ね(爆)。


iOS 6.1.1アップデートでエラー

最近iOS 6.1にアップデートしてからバッテリーの減りが早まったような気がそこはかとなくしております。妻のiPhoneに至っては、通話中に音声が途切れるなどの問題がありました。どうやらiOS6.1にしたiPhone 4Sの問題で、修正のためのアップデートとしてiOS 6.1.1がリリースされています。これよりモバイルデータ通信のパフォーマンスおよび信頼性に影響を及ぼす可能性のある問題が修正されるそうですが…。妻のiPhone 4Sをアップデートしてみると…。そんなお話。

アップデートが完了するまで少々時間があったので買い物に出掛けたのだけれど…帰ってきて確認すると原因不明のエラーが出て、アップデートできておりませんでした(驚)。で、出荷状態へのリカバリを選択せざるを得ませんでした。そこで脳裏をよぎったのが「またやってしまったのか?」ということ。以前、妻がiPhone 3GSを使っていたころに私がデータを全損させたことがあったんですよね(笑)。

慌ててリカバリをしていたところ、妻がやってきて「あれ?なんか大人しいけど、どうしたの?」とこちらを探ってきました。私が焦っていることをどうして悟られてしまったんでしょうかね。じつに不思議です。

私「い、いや、ちょっとお前のiPhone 4Sをリフレッシュしようと思ってリカバリを…」
妻「それ、ウソでしょう?」
私「…は、はい。予期せぬエラーが出てリカバリしなければならなくなりました」
妻「私のアプリとか色んなデータとか、入れてる曲とかは無事なんでしょうね?」
私「え、いや、多分、きっと…」
妻「ふーん、これは高くつくわよ(喜)」

結局、アップデート前に取っていたバックアップが生きていたので復元することができ、写真や連絡先は無事でした。アプリはすべてなくなりましたが、必要なものを追加するとアプリデータが復活していました。音楽は2階に置いてあるiMac(Mid2007)を使うことがなくなったので、私のMacBook Pro(Early2011)経由で入れることにしました。とは言え、妻のiPhone 4Sに入っていたのはB’zの曲ばかりだったので音楽を入れる作業は簡単でした。

とりあえず以前と同じ環境になったにもかかわらず、お詫びの印として何かを買わなくてはならなくなったようです(笑)。妻が所望したのはニンテンドー3DSに移植され発売されたばかりのゲーム「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」。

本当は発売日にほしいから予約してと妻に頼まれた経緯があるのですが、ただでさえ「どうぶつの森」に行ったままなかなか帰って来ない妻なので「ゲームばっかりするんだから。もう少し待てよ」と言っていたのです。

しかしながら、妻にも計画があるようで…「秋には新しいポケモンが出るから、その前にドラクエ7をやっておきたいの(ニヤリ)」。ひょんなことから買うことになってしまいました(苦笑)。

ちょっと悪寒があるので体を温めようと買ってきた日本酒をちびちびと飲み、お昼寝をした私は、ちょっと回復したもののアルコール摂取により車を運転することができないので妻と2人、歩いてドラクエ7を買いに行ってきました。

by カエレバ


iPhone 3GSが爆発…

iPhone 4Sの機種変更前に妻が使っていたiPhone 3GSが爆発しました(笑)。現在は音楽を聴くために使っていたのだけれど、iOS6.1がリリースされたのでアップデートしたんです。で、充電した翌朝、気付けばiPhone 3GS本体が付けていたシリコンカバーからせり出して液晶パネルがジャンプ台みたいな角度になっておりました。そんなお話。

20130209-160626.jpg
シリコンカバーを取ってみると、液晶パネルが筐体上部から浮き上がっており、ネジ止めされている下部のみが繋がっている状態になっておりました。

20130209-160641.jpg
膨らんだバッテリーによって筐体にもかなりの負荷がかかっているようで、音量調節ボタンの近くが割れておりました。

そう言えば、私が依然使っていたiPhone 3GSもバッテリーがだんだん盛り上がってきて、バッテリーの持ちが悪くなったことから昨年夏に自分でバッテリー交換をしました。その時、妻のiPhone 3GSのバッテリーはまったく問題なかったので放置していたのでした。それが敗因だなぁ(笑)。

現段階では電源が入りません。ダメもとで充電状態にして電源を入れるとアップルマークが表示されますが起動はしませんでした。少しの間、充電状態にした後、ソフトウェアリセットをかけて起動してみると「アクティベーションをしてください」的なメッセージが表示されるところまでは進みましたが、充電ケーブルを外すと電源が落ちるので、バッテリーはもうダメになっていますね。

iOS6.1にした途端の爆発…なんらかの因果関係が存在するのでしょうか? 私のiPhone 3GSの場合は少しずつバッテリーが膨らんでいたので交換までの猶予がありましたけれども、今回は墨俣の一夜城のごとく一晩で爆発しておりますからね、対処のしようがありませんでした。

Appleサポートに連絡してみると、iOS6.1がらみでの報告は上がっておらず、原因は単にバッテリーの劣化だということです。バッテリー交換を早めにやらないとこうなってしまうのですね。稼働時間を稼ぐためにバッテリーをユーザーが交換できない仕様としたことは置いておいて、膨張してしまうバッテリーを内蔵型にする設計思想には疑問を抱かざるを得ません。だからといってバッテリー交換ができるAndroid端末は使いませんけれども(Googleアカウント必須のOSはちょっと…)。

以前は無料交換していた時期があったようですが、現在は6800円にて有料交換となるそうです。音楽を聴くために使っているものなのでなくても困らないのだけれど、冷静に考えるとiPod nanoより交換のほうが安いので、iPod touch的に使えることだし交換をお願いしました。

その後、とりあえず起動させることはできたので、業者が取りに来る前にパソコンにつないでバックアップを取り、出荷状態に戻しておこうと思います。


iOS6.1で完全脱獄「evasi0n」

iOS6および6.1に対応した完全脱獄ツールがようやくリリースされたということで、私も試してみることにしました。たしか1週間くらい前にiOS6.1がリリースされていたのだけれど、アップデートによって脱獄できなくなると困るので、安全のためアップデートはせずに待っておりました。リリースされた脱獄ツール「evasi0n」がiOS6.1にも対応しているようなので、アップデートしてから脱獄…時間はかかりましたけれども無事に脱獄が完了しました。そんなお話。

スクリーンショット 2013-02-07 6.58.41 AM「evasi0n」はMac OS X、Windows、Linux用のアプリが用意されているので、お使いのOSを選んでダウンロードします。iOS6.0またはiOS6.1が搭載されたiPhone(3GS、4、4S、5)とiPodtouch(4G、5G)、iPad(2、3、4)、iPad miniです。

「evasi0n」のURLはこちらです。

スクリーンショット 2013-02-06 2.47.02 PM
私はMacユーザーなのでMac OS X用の「evasi0n」をダウンロード。起動後に脱獄したいiOSデバイスをMacに接続すると「evasi0n」が接続されたデバイスの名称とiOSのバージョンを自動判別して表示します。

デバイスとOSがともにサポートされていると「Jailbreak」ボタンが押せるようになります。ただしデバイスにパスコードを設定している場合は「あらかじめパスコード機能をオフにしてから接続しなおせ」的なメッセージが出ますから、それに従いましょう。私もそうでした(笑)。

ボタンを押したらあとは待つだけ。今回はラクですね。最初は「evasi0n」のウィンドウに「stage 1 jailbreak data…」と表示され、脱獄データが送信されます。

やがて「evasi0n」のウィンドウの表示が「stage 2 jailbreak data (step 1/3)… (Do not touch your device)」みたいなものに変わります。デバイスにふれず、おとなしく待ちます。

しばらくすると進捗状況を示すバーが止まっているような気がします。その際、画面に「To continue, please unlock your device and tap the new ‘Jailbreak’ icon. Only tap it once! The screen will go black and then return to the home screen.」というメッセージが表示されます。ここでデバイスの画面に触れてロックを解除し、ホーム画面に追加された「Jailbreak」アイコンをタップします。すると、パソコン上の「evasi0n」のウィンドウ上の進捗バーが再度動き始めます。

最終的には「evasi0n」のウィンドウ上のメッセージが「Jailbreak complete! The device may restart a few times as it completes the process.」に変わります。そうすれば脱獄完了です。先ほどデバイスに追加された「Jailbreak」アイコンは消えていて、代わりに脱獄アプリの窓口となる「Cydia」のアイコンが表示されているはずです。

以上、簡単にiOS6の完全脱獄ができたわけですが…アクセス過多のため「Cydia」が重いので、脱獄アプリをまだ入れておりません。祭りが落ち着くまでしばらく待ったほうが良さそうですね。

と言いつつも、iOS 5.1で脱獄していたiPad2もiOS6.1にアップデートして脱獄。すいぶん前から脱獄して使っていたiOS4.3.3のiPhone 3GSも、この機会にiOS6.1にアップデートして脱獄完了しました(笑)。今後が楽しみです。


「Audio Elements」

新しい年を迎え、今年こそは…と音楽制作の時間もほしいと思っている私ですが…つい先日、音楽制作に役立つループが収録されたiOSアプリ「Audio Elements」を見つけたので早速、インストールしてみました。そんなお話。

「Audio Elements」は、シンセ、ドラム、ベースなどのループ素材が入っている無料アプリ。後から有料でライブラリの追加もできます。ループ素材を選んだら、ほかのアプリに読み込んで使えます。デフォルトで入っているライブラリもなかなかに興味深いものがあります。

私は「Audio Elements」で選んだループをコピーしてGarageBandのトラックに貼付けたりしました。使い勝手は悪くないのだけれど、GarageBandのループと違ってテンポを自動で合わせるなどの機能はありません(当たり前ですが…)。その辺りを注意すればよいかと思いました。

今後の音楽制作の一助になれば…そんなふうに期待しておりますけれども、自分が作りたい曲調にあったものが簡単に見つかるほど甘くはないですよね。なによりループ素材を使った部分だけクオリティが高く、コード進行やらメロディーなんかがチープだと笑えないですからね(笑)。

「Audio Elements」のiTunesページです。https://itunes.apple.com/jp/app/id561726089?mt=8&ign-mpt=uo%3D4


固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の日記はこちら

キーワードで検索