弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

Appleの噂…

噂ではAppleがiOSデバイスのリリース間隔を狭めるらしく、そうなると新製品リリースの1年目でマイナーアップデート(例=iPhone 4 からiPhone 4S)、2年目でメジャーアップデート(例=iPhone 4S から iPhone 5)だったのが、半年でマイナーアップデート、1年後にはメジャーアップデートする可能性があるということになります。本当かどうかはわかりませんが…ちょっと、いやかなり気になる話ではありますね。

どうやら、矢継ぎ早にリリースされるAndroid端末への対抗策らしいのですが…それをやると周辺機器を扱うサードパーティーやユーザーにいらぬ混乱を招く懸念もありますし、最新機種ではなく、こなれた1つ前の機種で十分という声や、機種変更をせず買い控える動きが加速するのではないか…という心配がありますね。ジョブズ亡き後のAppleがどのような道を歩むのか、もしかするとすでに迷走し始めているのではないか…そんな心配もあったりします。

一方、Macのほうはどうなりますかね。iMacはこれまでにないくらい薄型化、Mac miniは完成形とも言える形。Mac Proはパーソナルユース向けではないですが、CPUがPowerPC G5のころから外観はほぼ変わっていないですね。また、MacBook Proは見た目はほぼ変わらないながらも薄くなり大幅に性能がアップしています。

私はと言えば…15インチのMacBook Pro(Early2011)が大きすぎて持ち運ぶのに尻込みしているので、実はMacBook Airの11インチモデルがほしかったりするのですが…液晶の解像度がもうひと声大きくなったりしないかなぁ…と買い時を見極めているところです。

それまでの間はiPad2にBluetoothキーボードを接続して使うことにしますが、まだKeyboardの選定が終わっておりません。手持ちのApple Wireless KeyboardはJIS配列なので、US配列のKeyboardがほしいのです。

もしMacBook Airを買わないとなれば、第4世代のiPadを購入してKeyboardを使うつもりです。ちょっと頑張ればiPad2だけで用が足りるのかもしれませんが…私の用途を考えると、やはりまだパソコンは手放せないですね。

今検討しているBluetooth Keyboardは…。


あと、これは余談なのだけれど、ニンテンドーDS用のゲーム「バトル&ゲット ポケモンタイピングDS」に付属しているキーボードが秀逸のようです。ゲームソフトよりも同梱されているキーボードねらいで購入する人が多くて一時は2000円くらいだったのにじわじわと値段が上がりつつあります(笑)。このゲームソフトに同梱されているキーボードはJIS配列なので、USキーボードがほしい私は買わないのだけれど、子どもがガシガシ遊んでも簡単には壊れないコントローラーを作る任天堂の手によるキーボードは、とても気になりますね。


iPhoneのケースを新調…

iPhone4Sの話なんて今さらの感がありますが…iPhone5のリリースによってiPhone4Sのケースが激安になっているんですよね。ということで、これまで使っていたダイソーの105円ケースを卒業することにし、ようやく自分が使いたかったケースに新調しました。そんなお話。

iPhone3GSのころからホームボタンまで隠れるタイプのシリコンケースを使っていて、iPhone4Sに機種変更した際にもすぐに同様のケースが欲しかったのだけれど、iPhone4と4Sではマナーモードスイッチの位置が少しだけ違うので、4Sの発売当初は対応したケースがほとんどなかったんですよ
ね。

そんなことからとりあえず…と思ってダイソーでケースを購入。それが思いのほかしっくりきていたのと、たかが105円ながらもったいないと思ってこれまで使ってきたのです。

で、早くも1年が経過。また、前述の通りiPhone4Sのケースが激安となったので「もういいよね。もう頑張らなくていいよね」とばかり、ダイソーのケースを卒業することにしたのです。

新調したケースはiPhone3GSのころに使っていたケースにそっくりなデザイン。本家のロゴマークが入っていないのでちょっぴり怪しげではありますが、使用になんらの問題もございません(笑)。

カラー展開も抱負なのだけれど…妻はピンク、私はパープルを選択しました。気に入った色のケースをいくつか購入して気分で入れ替えるのもよいかもですね。私もiPhone3GSのころにはそうしておりました。今回はしませんけれども(笑)。


Appleの新製品(iPad miniと第4世代iPad)

Appleが新製品のiPad miniをはじめ第4世代のiPad、iMac、Mac miniといったいくつかのモデルのリニューアルを発表しましたね。噂通りiPad miniが出てきたのには「やっぱりなー」という思いと「本当に出したんだ」という思いが交錯しましたけれども、スペックの詳細を見ると微妙に思う点もちらほらと…。今日はそんなお話。

iPad mini

iPad miniは7.9インチの液晶画面を搭載しながら解像度はiPad2と同じ1024×768ピクセル。そして第3世代の「新しいiPad」より23%薄く53%軽いそうです。カラーがiPhone5と同様にツートンカラーの「ブラック&スレート」「ホワイト&シルバー」の2色展開となっていますね。

簡単に言うとiPad2を小さくし、カメラ性能をアップさせ、ネットワークの高速化とコネクタを進化させたモデル…それがiPad miniと位置づけることができましょう。単純に従来のiPadが大きくて重いと感じていた人には最適なモデルかもしれません。

片手で持てるiPadというのは確かに魅力的ですが…ただiPhone以上iPad未満という大きさは「汎用性が高い」と評価できる一方で、言い換えれば「帯に短したすきに長し」の状態とも言えるわけで。どこかに納得できる妥協点があれば最適ですが…私の場合はちょっと物足りなさを感じてしまいました。

現在、私の手元にあって常用しているiOSデバイスはiPhone4SとiPad2ですが、iPad miniを購入し、いずれiPhone5を使うようになれば、Retinaディスプレイの恩恵でiPad miniが不要になるかもしれない。なにより今現在のiPad2に不満がないので、同じ解像度でサイズダウンするiPad miniでは微妙な感じ。せめてRetinaディスプレイとは言わないまでもiPad2以上の解像度があればなぁ。ただ、今からiPadを買おうと思っているならiPad 2よりiPad miniを選ぶべきでしょうね。そんなふうに思いました。

第4世代のiPad

それより気になるのが第4世代のiPad。あれは反則ですよね。弟3世代の新しいiPadが新しくなくなっちゃいました(笑)。

発表前の噂では「新しいiPad」は名称がそのままに従来の30ピンコネクタより小さく堅牢で表裏のない「Lightningコネクタ」になるプチリニューアルを果たすのみだと思われていたのに、加えてA6Xチップを載せ従来より2倍高速化しているのだそう。発表の詳細を知り、Apple StoreをみるとiPad2は継続して販売しているのに「新しいiPad」がなくなっているではありませんかっ! 「新しいiPadとはいったい何だったのか?」と物のあわれを感じざるを得ませんでした。

前述のとおり、現状のiPad2に不満はないのだけれど、すっかりパソコンを使わなくなってiPad2を使ってネットショッピングを楽しむ妻のことを考えるとiPad2を妻にあげて、第4世代のiPadを買うと幸せだなぁ…と思ったりします(笑)。やっぱりRetinaディスプレイによる2048×1536ピクセルの圧倒的な解像度と2倍の動作速度には憧れますよね。

iPad2はSoftBankのキャンペーンで購入したので、願わくば第4世代のiPadへの機種変更キャンペーンなんかをやってくれるとうれしいのですが…。もちろんiPad2を手元に残したいので、下取りなし、残金一括払いのキャンペーンを望みます(笑)。

新しいiMacと13インチのMacBook Proのリニューアルについては明日にでも。


LTE…

Softbankがイー・アクセスを買収したことで、LTEが自前の2.1GHzとイー・アクセスの1.7GHzの2本立てとなり、「iPhone 5」のテザリングのサービススタートも来年1月15日予定だったのが1ヶ月早めた12月15日からになるそうです。

これに伴って、「iPhone 5」のパケット制限も変更になりますね。月額5460円の「パケット定額」で速度制限がかかるようになる場合があるのが「月間1.2Gバイト超」から「1Gバイト/3日間超過時」に。条件が他社と同等に緩くなったことで、ドコモやらauやらとの競合がまた気になるところですね。

まぁ、私が住む田舎ではまだまだLTEが普及するのに時間がかかると思われるので今、「iPhone 5」にするのはやはり時期尚早と思います。とりあえずiPhone 4Sを契約してからもうすぐ1年なので、残り1年ほど様子を見て判断するのが賢明と思われます。


iPhone 4SがiOS6になってしまった話…

先日、iPhone 4SをJailbreak(脱獄)して楽しんでいたのだけれど、導入したアプリの相性が悪かったのか、フリーズしてしまった後に再起動しても動作しなくなってしまい復元を余儀なくされました。復元すると…iOS6になっておりました(笑)。そんなお話。

リセットを繰り返してもiPhone 4Sが起動しなくなったので、Macに接続した状態でリセットを繰り返すと、iPhoneがリカバリーモードに突入。iTunesの画面に「リカバリーモードのiPhoneがあります…」的なメッセージが表示され、あらかじめ脱獄前に取ってあったバックアップが使えず、復元して初期状態にしなければならなくなりました(汗)。

そればかりか、復元ボタンを押すと「お使いのiPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?メディアやその他のデータはすべて消去され、最新バージョンのiPhoneがインストールされます。」との表示が…。最新バージョン? それってiOS6のことじゃ?

その先に表示されたボタンを見て不安は現実のものとなりました。そのボタンの名所は「復元とアップデート」。え、やはりiOS6になっちゃうのでしょうか? しばらく待って「あ、なっちゃいました(笑)」。せっかく脱獄して理想的な環境の構築に取り組み始めたというのに…。

ネットで調べるとiPhone 4(A4チップを搭載した端末)ならばiOS6から5.1.1へのダウングレードが可能らしいのだけれど、iPhone 4Sではダウングレードができないっぽいです。

仕方ないのでiOS6で使っていくしかないですね。JB環境はiPad2のほうで楽しむことにします。


固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去の日記はこちら

キーワードで検索