弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

K_ADD_ZERO

「K_ADD_ZERO」は、半角数字が1桁なら「0」を加え文字列化できる命令です。

このページでは、文字処理に特化したHSP用モジュール命令セット「kurage_mod」の命令を解説しています。


【書式】

val = K_ADD_ZERO ( p1 )

p1 : var 変換対象となる文字列


【解説】

半角数字を文字列型に変換する際、数字が1桁なら「0」を加えて文字列化します。
2桁以上であれば、そのまま文字列化しますので、数字を扱う際に便利な命令です。

ただし、元の半角数字は数値型(整数および実数型)でなければ動作しません。

文字列で構成されている場合は動作せず、エラー表示をして元の文字列を返します。
文字列から切り出した数字などを変換する場合は、あらかじめ標準のint()命令などで数値型変数化してください。

数値の0を変換した場合は、文字列型の空””を返します。


【サンプル】

	//HSPのフォルダ「common」内からモジュール読み込み
	#include "kurage_mod\\kurage_mod.as"	

//【サンプル1】
	a = 5
	a = K_ADD_ZERO(a)	//半角数字が1桁なら「0」を加え文字列化

	//※結果
	//aには"05"が代入されます

//【サンプル2】
	a = 15
	a =K_ADD_ZERO(a)	//半角数字が1桁なら「0」を加え文字列化

	//※結果
	//aには"15"が代入されます

//【サンプル3】
	a = 0
	a =K_ADD_ZERO(a)	//半角数字が1桁なら「0」を加え文字列化

	//※結果
	//aには""が代入されます

コメントは受け付けていません。

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2017年11月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の日記はこちら

キーワードで検索