弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

2つの給付金をめぐる…無駄、無駄、無駄

2つの給付金とは、低所得者が対象の「臨時福祉給付金」と、児童手当受給者が対象となる「子育て世帯臨時特例給付金」のこと。いずれも受給するのに申請が必要となります。

厚生労働省は給付金の支給と申請をPRするため「カクニンジャ」なるキャラクターを生み出し、
2つの給付金に関する特設サイト(http://www.2kyufu.jp/index2.html)を開設。
ポスター、チラシ、あまつさえテレビCMも流している模様です。

数多の人がいれば考え方も十人十色ですけれども、そもそも申請しないともらえない給付金にしたということは、もらい忘れる人がいればラッキー=自己責任という考えがあってのこと。それなのに予算をかけてPRにご執心とは…無駄の極みであると私は思うのです。これって、対象者に申請なしで支給することはできなかったんでしょうか。私は疑問に思えてならないのです。

また、給付対象者のリストアップ、給付に関することは時期も含めて自治体に丸投げというのもよくないかと。私の住む街では7月から申請が開始されましたけれども、給付金の対象に関係があろうとなかろうと2つの給付金の申請書類一式が送られてきました。これも無駄ではないですか。

送られてきた説明用の書類を読みますと…2つの給付金でダブっている書類もあったり。私のところは26年1月時点で中学生以下の子どもが3人おり「子育て世帯臨時特例給付金」の対象なのですが、その時点で「臨時福祉給付金」の書類一式(説明文、申請書、返信用封筒)は不要なのです。しかも2つの書類はひとまとめではなく、それぞれ別に送られてきているのです。郵送費をかけて。

説明書きによりますと、申請書は書いて郵送してもよし、窓口で申請してもよし、とのことです。これは一見、親切に思えるのですが、窓口で申請した人に送付した返信用封筒などはどうなるのでしょうか? やっぱり無駄になるのです。申請不要の方式にすればかからなかった余計な費用、これらは税金なのですが…それを使い国を動かす人たちの意識の欠如は、いかんともしがたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の日記はこちら

キーワードで検索