弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

K_DEL_GYO

「K_DEL_GYO」は、改行のみの行があれば削除することができる命令です。

このページでは、文字処理に特化したHSP用モジュール命令セット「kurage_mod」の命令を解説しています。


【書式】

K_DEL_GYO
p1

p1 : var 対象となる文字列(複数行)


【解説】

対象となる文字列の中に、改行のみの行があれば削除します。

文字列は命令の性質上、複数行である必要があります。

この場合の複数行とは改行コード(\n、\r)を含む文字列のことですので、1行で記述した
“あいうえお\n\nかきくけこ\nさしすせそ\n”
という文字列も複数行と解釈されます。

■便利な使い方

純正の拡張プラグイン、hspda.dllの命令に、メモリノート文字列をソートするsortnote命令がありますが、この命令で並べ替えたデータには空白の行が入ってしまいます。この時、 K_DEL_GYO命令と組み合わせることで、並び替えたデータの余計な空白行を削除することができます。

■文字列の最後の改行の扱いについて

文字列の最後の改行は、空白行ではないですが、その後の文字列処理のしやすさを考慮して削除する仕様になっています。改行コードが必要な場合は、プログラム内で付加するようにしてください。


【サンプル】


#include "kurage_mod\\kurage_mod.as"
    //HSPのフォルダ「common」内からモジュール読み込み

   T = "\n\nあいうえお\n\n\n\n\nかきくけこ\n\nさしすせそ\r"
   K_DEL_GYO T    //改行のみの行があれば削除する
   dialog T

   //※結果
   //あいうえお
   //かきくけこ
   //さしすせそ


コメントは受け付けていません。

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の日記はこちら

キーワードで検索