弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

iPhone 4 とかのこと

 Appleの新しいスマートフォン「iPhone 4」が発売開始となりましたね。ソフトバンクショップ表参道店でカウントダウン、オープニングセレモニーが行われたようです。私は朝、雨のため自転車で出掛けることができなかったので、ストリーミング配信で表参道店の行列の様子などを見ておりました(笑)。肝心のオープニングセレモニーは午前8時からでしたので、通勤のため見られませんでしたが(爆)。

 

 「iPhone 4」は、表も裏もガラスで覆われ、サイドにはボディとアンテナを兼ねたステンレスが鈍い輝きを放つ美しいデザイン。敢えて詳細は書きませんが、iPhone 3GSより大きく性能もアップしているので、とてつもなく欲しいです…。

 が、しかし、私達Appleユーザーは知っています。新しい製品は話題にこそすれすぐに飛びつくのは懸命ではないということを。iPhone 4しかり、iPadしかり。

 そもそも、大のAppleユーザーを自負する私も、iPhone 3GSを手にしたのは今年2月の話であり、すでにチラホラと時期iPhoneの話も伝え聞こえていた頃でした。熟成されたモデルこそに味があり、新しい物への憧れは胸に抱くのが本筋と考えます。これって、車にも当てはまるような気がしています。

 すぐに変えない貧乏人のひがみと取る方もいるかもしれません。言い訳がましいと思う方もいるかもしれません。ですが、私が考える現状でのベストな選択肢は、年末当たりにiPadを買う…です。

 これは初期型の問題点を市場の声から洗い出し、反映させたものをリリースする時期だと思うからです。iOS 4を最初から乗せたiPadを秋にもリリースするでしょう。その時にメモリを増やしてくるはずです。このモデルを狙うのが現状でベストの選択だと思うのです。

 もちろん、もっと待てば熟成されたiPadを手にできます。しかし、新しいデバイスを手にすることの満足感をいち早く得たいと思うならば、物欲と完成度の高さを天秤にかけねばなりません。…実は何よりもそれが一番難しいことであると、私は思うのです。


固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去の日記はこちら

キーワードで検索