弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

我が家の犬2号の調子がよくない…

札幌から遊びに来ていた妻の両親を駅まで送り、家に戻って犬を連れ動物病院に行ってきました。実は数日前から我が家の犬2号のお腹の調子がよくなくて、食欲もないようでした。心配なので病院に行ってきたのです。そんなお話。

日曜日もやっているなんて動物思いの病院ですね。平日になかなか身動きの取れない飼い主さん達はとても助かると思います。そのせいか病院は混んでおりまして、犬、猫とその飼い主が待合室にいっぱい。中には大人しくしていられない犬もいたりして、お互い様だからと皆が微笑ましく見ているのだけれど、やっぱり飼い主は気にするようで外に連れ出して待っている…そんな光景も何度か見ました。

我が家の犬1号のほうはじっとしているのが苦手なので先日、この病院でダニを駆除してもらった時に待合室でうるさかったんです。まるでニワトリのように「コーッ、コッコッコッ、コッコッ」なんて鳴くので、とても恥ずかしかったんですよね(笑)。

ですが我が家の犬2号のほうは、いたっておとなしい性格。というよりも臆病なのでほかの犬や人が苦手。妻のひざの上でひたすらじっとしていました。ほかの犬に対して敵意を持っているわけではないですが、ときどき「オフッ」とうなるでもなく吠えるでもない声を出すので、静かにするようしつけています。

診察の結果、異物を飲み込んだりしているわけではなく、風邪のような症状で食欲不振になっているようでした。薬をもらって帰ってきました。まずはひと安心です。


我が家の犬1号の誕生日…

先日の話なのだけれど、我が家の犬1号(ミニチュア・ダックスフンド、メス)が1歳の誕生日を迎えました。早いもので昨年5月に我が家に来てからもうすぐ9ヵ月になろうとしております。今日はいつも食べているドッグフードに鶏肉とミニトマトをトッピングしてあげたところ大喜びでした。

20130201-093741.jpg
写真右が我が家の犬1号、左が2号です。

そう言えば…我が家の犬1号はミニトマトが大好きなんですよね。夏場、外のプランターでミニトマトを栽培していたのだけれど朝と午後、幼稚園バスを待つ間にミニトマトをあげたりしていたので、外に出ると真っ先にプランターをめざしていたほどです。

そうそう。我が家の犬2号(ミニチュア・ダックスフンド、メス、9ヵ月)と我が家の猫(8歳、オス)も鶏肉のご相伴にあずかり大満足のようでした。ただし我が家の犬2号は消化系があまり強くないためミニトマトはあげていません。同じミニチュア・ダックスフンドなのに不思議なものです。


トレーニングペンダント

つい先日も書いたのだけれど、我が家の犬2号(ミニチュアダックス、メス、9ヶ月、3kg)は普段はものすごくおとなしいのに、チャイムが鳴ると吠えだします。「ダメ」というと静まるのだけれど、その後しばらくはうなっています。私は犬の吠え声とうなり声がどうしようもなく苦手。「それなら犬を飼うなよ!」という感じですが、妻が犬好きなのです(笑)。そこで無駄吠えを振動で優しくトレーニングできるというアイリスオーヤマの「トレーニングペンダント MBB-R1」を試してみることにしました。そんなお話。

「トレーニングペンダント MBB-R1」は、リモコンのボタンを押すと犬の首輪に付けたリボン型の本体が振動する仕組み。リモコンでの操作のほかに、音声センサーによって自動で振動するオートモードも搭載しています。

20130120-122527.jpg

本体カラーはブルー、ホワイト、ピンクの3種類があります。我が家はピンクを選択しました。

実際に使ってみます。吠えた時に振動させると、ちょっとだけびっくりしていますが、おっとりした我が家の犬2号はすぐに慣れてしまいそうな感じで心配ですね(笑)。オートモードは感度調節用のダイヤルがあるものの、ちょっとした物音で誤動作してしまうようです。

パッケージ裏面の説明書きによれば「2週間程度で効果があらわれることが多い」らしいので期待しています。なんとか無駄吠えをやめてほしいものです。

by カエレバ


犬の服がかわいい…

IMG_2143

我が家の犬1号、2号のために先日購入した服がとてもかわいいのです。そんなお話。

iDogさんで購入した雪柄トナカイフリースのDS(ダックスのS)サイズなのだけれど、アウトレット価格で1着1000円はお買い得でしたー。早速2匹に着せてお出かけ。散歩がうれしくであまり言うことを聞いてくれず、なかなか写真がうまく撮れません。

で、ブレブレの写真を散々撮ったあげく、ようやくピントが合ったのが…この組体操みたい写真です。背中に乗っているのが我が家の犬2号。乗られているのが我が家の犬1号です。

本当は2匹にこっちを向いてほしかったのだけれど仕方がありませんね。

by カエレバ


朝の散歩…

休日はたいていゆっくりと寝ている妻に起こされるのは、とてもめずらしいこと。昨夜は会社の駐車場に車をおいてきたので、取りに行くついでに自転車に乗って遠回りをしようと決めていたのだけれど、妻が「自転車ではなく、犬と一緒に…というのはどう?」というので朝の散歩に出かけました。まずはそんなお話から…。

ちょっと遠回りをしつつ会社へ。外に出たときは寒さをそれほど感じなかったのだけれど、歩いているうちに雲行きが怪しくなり風が出てきました。

風にあおられて道路を舞う落ち葉を、我が家の犬2号がいちいち追いかけて口にくわえる姿に癒されました。生後6ヵ月なのだけれど、体重2.4kgの小さな犬。まだまだ歩き方も子どものようです。

一方、生後9ヶ月になる我が家の犬1号は落ち葉を追いかけるようなことはしませんが、ごみステーションに集まるカラスにいちいち反応しておりました。吠えたりうなったりする犬ではないので、威嚇(いかく)しているわけではないと思いますが、カラスのほうに行きたがっておりました。

駐車場に向かう最後の角を曲がると、ぽつぽつと雨が降り出しました。雨に濡れずに済んでよかったです。


固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の日記はこちら

キーワードで検索