弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

K_YOUBI_STR

「K_YOUBI_STR」は、曜日の数値を文字列に変換することができる命令です。

このページでは、文字処理に特化したHSP用モジュール命令セット「kurage_mod」の命令を解説しています。


【書式】

val = K_YOUBI_STR ( p1 , p2 )

p1 : int 曜日の値(0-6)
p2 : int パターンの値(1-7)


【解説】

時間・日付を取得するHSP標準関数「gettime」で得られる曜日の値をもとに、曜日を文字列に変換します。

「gettime」で得られた値は0〜6で、数値0が日曜日、順に月火水木金と続き、6が土曜日となっています。

「K_YOUBI_STR」ではその数値を文字列に変換することができます。どのように変換するかはp2の1〜7の数値でいくつかのパターンを選択できます。

パターンの種類はこんな感じです

p2 = 1 …パターン0「日 月 火 水 木 金 土」
p2 = 2 …パターン1「(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)」
p2 = 3 …パターン2「(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)」
p2 = 4 …パターン3「日曜 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜」
p2 = 5 …パターン4「日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日」
p2 = 6 …パターン5「Sun Mon Tues Wed Thurs Fri Sat
p2 = 7 …パターン6「Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday」

p2のパターン選択の数値を0にした時は、p1の数値が何も変換されずそのまま返るので注意してください。


【サンプル】


   #include "kurage_mod\\kurage_mod.as"
    //HSPのフォルダ「common」内からモジュール読み込み

   //まずはHSP標準関数「gettime」で曜日の値を取得
   YOUBI_I = gettime(2)    //p1に「2」を代入すると、曜日の数値が変数YOUBIに返る。

   //【パターン0】
   YOUBI_S = K_YOUBI_STR(YOUBI_I)
   dialog YOUBI_S,0,"パターン0の場合…"

   //【パターン1】
   YOUBI_S = K_YOUBI_STR(YOUBI_I,1)
   dialog YOUBI_S,0,"パターン1の場合…"

   //【パターン2】
   YOUBI_S = K_YOUBI_STR(YOUBI_I,2)
   dialog YOUBI_S,0,"パターン2の場合…"


【関連項目】


コメントは受け付けていません。

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の日記はこちら

キーワードで検索