弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

K_DEL_CR

「K_DEL_CR」は、改行コード(CR)を削除することができる命令です。

このページでは、文字処理に特化したHSP用モジュール命令セット「kurage_mod」の命令を解説しています。


【書式】

K_DEL_CR p1

p1 : var 削除したい改行コードを含む文字列を代入した変数


【解説】

対象となる文字列の中の改行コードを削除できる命令です。この命令で削除できる改行コードはCR(キャリッジリターン)で、文字列中では\rとなっています。

Mac OS 9以前では改行コードは\rのみが使われていました。ですので、Mac OS 9以前のOSで作成された文書の改行コードを削除する場合は、K_DEL_CR命令をお使いください。

改行コードにはLF(ラインフィード)という\nで表記されるものもあります。こちらを削除したい場合はK_DEL_LF命令をお使いください。

Windows系のOSの改行コードは\r\nですので、改行を取りたい場合はK_DEL_LF命令とK_DEL_CR命令の両方を実行してください。

K_DEL_CR命令と同じ処理は、文字の置き換えができるK_REP命令、K_REP_S命令でも実現できますが、あえて命令として分けてあります。

反対に、何かの文字列を改行コードに置き換えたい際はK_REP命令、K_REP_S命令をお使いください。


【サンプル】


   #include "kurage_mod\\kurage_mod.as"
    //HSPのフォルダ「common」内からモジュール読み込み

   T = "この行の改行コードはCRです\r\rこの行の改行コードはLFです\n\nこの行の改行コードはCRです\r\r"
   dialog T
   K_DEL_CR T    //改行コード(CR)を削除
   dialog T

   //※結果
   //この行の改行コードはCRですこの行の改行コードはLFです
   
   //この行の改行コードはCRです


【関連項目】


コメントは受け付けていません。

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2017年6月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

過去の日記はこちら

キーワードで検索