弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

K_AFTER_GET

「K_AFTER_GET」は、特定の文字列から後ろを抜き出すことができる命令です。

このページでは、文字処理に特化したHSP用モジュール命令セット「kurage_mod」の命令を解説しています。


【書式】

val = K_AFTER_GET ( p1 , p2 )

p1 : var 元の文字列を代入した変数
p2 : str キーワードとなる文字列


【解説】

特定の文字列を境にして、そこから後ろ部分を抜き出すことができる命令です。

反対に前の部分を取り出すK_BEFORE_GET命令と対になっています。

取り出した文字列には、キーワードとなる文字列は含まれません。

キーワードを2つ指定して、その間にある文字列を抜き出す命令にはK_BETWEEN_GETがあります。


【サンプル】


#include "kurage_mod\\kurage_mod.as"
   //HSPのフォルダ「common」内からモジュール読み込み

   A = {"ある文字列から前を抜き出すならば、K_BEFORE_GET命令が良いでしょう。<;br>;
   ある文字列から後ろを抜き出すには、K_AFTER_GET命令を使うと便利です。"}
   W(0) = "<;br>;"
   T = K_AFTER_GET(A,W(0))    //特定の文字列から後ろを抜き出す
   dialog T,0,""+W(0)+"から後ろの文字列"

   //※結果
   //ある文字列から後ろを抜き出すには、K_AFTER_GET命令を使うと便利です。
   
   //※注意点
   //この例の場合、取り出した文字列には<;br>;の後ろにある改行コード(\n)も入っていることに注意してください。


【関連項目】


コメントは受け付けていません。

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の日記はこちら

キーワードで検索