弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

消える3色ボールペン「フリクションボール3」

20130515-072436.jpg

文房具メーカー、パイロット製の消える3色ボールペン「フリクションボール3」を買いました。ペン上部に付いている半透明のラバーで書いた字をこすると色が消えるので便利。グッドデザイン賞にも選ばれているようです。私はこの手の書いて消せるボールペンの存在を仕事仲間のLIFEさんが使っているのを見て初めて知ったのだけれど、これからは仕事でエンピツでは難しい書いたり消したりの作業が発生することになるので、必要に迫られての購入でした。実際に書いたり消したりを試してみて、とても便利だと思いました。ゲルインキなので書き味がなめらかなのもよいです。そんなお話。

今まで仕事で使ってきた0.6mmの水性ボールペンは、インクがにじみやすく実際よりも字が太くなるので小さな文字が書きにくかったのでした。会社支給なので本来はこちらを使うべきなのだろうけれど…。

「フリクションボール3」は、何度でも書き消し可能なゲルインクを使ったボールペンで、1本で黒、赤、青の3色を使い分けることができます。ペン先は0.5mm。替芯(LFBTRF30EF)も売っているようです。

あと、パイロット製の筆記具はクリップが自慢のようで…10万回はさんでも壊れないのだとか。まぁ、確かめるすべはありませんけれども(笑)。

ただし「フリクションボール」シリーズには…注意書きがありまして、60度以上になると書いた文字が消えてしまうので証書類・宛名書きには使用できないですね。また、-10℃前後になると消去した筆跡が戻る場合があるのだとか。それと感熱紙などでは当然、摩擦によって黒くなってしまうのだろうから、このボールペンは不向きですよね(笑)。

そうそう。サイトを見て知ったのが、メタルパーツを使った上位モデル『フリクションボール3 メタル』と、グリップにカバ材を使って木目の美しさを活かした『フリクションボール3 ウッド』があるのだとか。メタルだと高級感があるほか重心バランスが良くなっていたり、クリップが薄型になっていたりとか…グレードアップしているみたいです。特に「グラデーションバイオレット」というカラーが気になります。「うーん、先に知っていれば」…とちょっとだけ後悔(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去の日記はこちら

キーワードで検索