弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

薪ストーブの煙が逆流…

先日、明け方4時過ぎのこと。そこはかとなく煙のにおいがするのに気付いて目覚めました。急ぎ階下に降りるとリビングに煙が充満しておりました(驚)。薪ストーブからの煙の逆流なんて久しぶりのことです。あぶないあぶない。すぐに窓2ヵ所をあけて換気扇を回しました。昨夜は寝る前に広葉樹の薪を追加したのだけれど…逆流の原因は、いつも使っている針葉樹の端材との燃焼の違いにあるのでしょうかね。そんなお話。

薪ストーブの中では広葉樹の薪がほぼ原型を保っておりました。逆流の原因は恐らく…

・ストーブ内でずっとくすぶっていた
・煙突が冷えて煙突のドラフト(上昇気流)が弱くなった
・風が強かった?

このあたりではないかと思われます。

また、昨夜は夜10時を過ぎてもプラスの外気温だったことから、気温差が低くてドラフトがなお弱まった可能性もあります。

とにかく、薪ストーブを使用する場合は住宅の機密性が高いと逆流が起こりえます。我が家でも薪ストーブに火を入れる際には窓を1ヵ所あけないと煙が逆流してしまいます。

もちろん、煙突が温まってドラフトが発生すると窓を閉めても大丈夫ですが、薪ストーブの火力が低いときに換気扇を回すと逆流してしまいますから、料理をするときなどは火力を強めておくか窓をあけるなどの工夫が必要になります。

そういった面倒な点をさしおいても薪ストーブは魅力的なのだけれど…寝ている間に逆流するのは困ってしまいますね。3月も下旬にさしかかろうとしているのだから、リビングの換気口を開けっ放しにしようと思います。こうすることで火を入れるときも逆流しにくくなるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去の日記はこちら

キーワードで検索