弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

iOS6.1で完全脱獄「evasi0n」

iOS6および6.1に対応した完全脱獄ツールがようやくリリースされたということで、私も試してみることにしました。たしか1週間くらい前にiOS6.1がリリースされていたのだけれど、アップデートによって脱獄できなくなると困るので、安全のためアップデートはせずに待っておりました。リリースされた脱獄ツール「evasi0n」がiOS6.1にも対応しているようなので、アップデートしてから脱獄…時間はかかりましたけれども無事に脱獄が完了しました。そんなお話。

スクリーンショット 2013-02-07 6.58.41 AM「evasi0n」はMac OS X、Windows、Linux用のアプリが用意されているので、お使いのOSを選んでダウンロードします。iOS6.0またはiOS6.1が搭載されたiPhone(3GS、4、4S、5)とiPodtouch(4G、5G)、iPad(2、3、4)、iPad miniです。

「evasi0n」のURLはこちらです。

スクリーンショット 2013-02-06 2.47.02 PM
私はMacユーザーなのでMac OS X用の「evasi0n」をダウンロード。起動後に脱獄したいiOSデバイスをMacに接続すると「evasi0n」が接続されたデバイスの名称とiOSのバージョンを自動判別して表示します。

デバイスとOSがともにサポートされていると「Jailbreak」ボタンが押せるようになります。ただしデバイスにパスコードを設定している場合は「あらかじめパスコード機能をオフにしてから接続しなおせ」的なメッセージが出ますから、それに従いましょう。私もそうでした(笑)。

ボタンを押したらあとは待つだけ。今回はラクですね。最初は「evasi0n」のウィンドウに「stage 1 jailbreak data…」と表示され、脱獄データが送信されます。

やがて「evasi0n」のウィンドウの表示が「stage 2 jailbreak data (step 1/3)… (Do not touch your device)」みたいなものに変わります。デバイスにふれず、おとなしく待ちます。

しばらくすると進捗状況を示すバーが止まっているような気がします。その際、画面に「To continue, please unlock your device and tap the new ‘Jailbreak’ icon. Only tap it once! The screen will go black and then return to the home screen.」というメッセージが表示されます。ここでデバイスの画面に触れてロックを解除し、ホーム画面に追加された「Jailbreak」アイコンをタップします。すると、パソコン上の「evasi0n」のウィンドウ上の進捗バーが再度動き始めます。

最終的には「evasi0n」のウィンドウ上のメッセージが「Jailbreak complete! The device may restart a few times as it completes the process.」に変わります。そうすれば脱獄完了です。先ほどデバイスに追加された「Jailbreak」アイコンは消えていて、代わりに脱獄アプリの窓口となる「Cydia」のアイコンが表示されているはずです。

以上、簡単にiOS6の完全脱獄ができたわけですが…アクセス過多のため「Cydia」が重いので、脱獄アプリをまだ入れておりません。祭りが落ち着くまでしばらく待ったほうが良さそうですね。

と言いつつも、iOS 5.1で脱獄していたiPad2もiOS6.1にアップデートして脱獄。すいぶん前から脱獄して使っていたiOS4.3.3のiPhone 3GSも、この機会にiOS6.1にアップデートして脱獄完了しました(笑)。今後が楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





カレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

過去の日記はこちら

キーワードで検索