弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

HSPでのゲーム開発…バグ取り

宴会の余興で使うすごろくのようなゲームをWindowsで動作するインタプリタ型プログラム言語「HSP(Hot Soup Processor)」にて開発中です。今日は子ども達の協力を得て実際にゲームを行い、その中で発生したバグを修正していく作業を行いました。そんなお話。

すでにあらかたのバグはつぶしてきたので滅多にないのだけれど、何度かゲームを繰り返しているうちに突然発生したりします。やはりテストがしづらい、必殺技使用時などの状況で起こるケースがほとんどで、途中まで進んでいたゲームの内容がリセットされ最初からやり直しになってしまいます。

バグの対処法が見つかっていないため、とりあえずの対策としてゲームの途中経過を随時セーブする機能を付けることにします。こうすれば、かりに本番である宴会の余興時にバグが発生しても乗り切ることができると思います。

あとは…ゲーム音楽のテストがまだです。正月休み中の作業はできるだけ避けたいので、これは当日となる4日、ぎりぎりまでやろうと思っております。

ただ、私が現在、最も懸念していること…それは開発に使ったネットブックでは外部モニターへの出力端子がなくプロジェクターに接続できないため、開発したゲームを別のPCに入れて起動させねばならないため、キャラクターのアニメーションや各種処理が、PCのパフォーマンスに左右される可能性があるからです。うまくいくだろうか…やはり心配です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去の日記はこちら

キーワードで検索