弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

Appleの新製品(Macbook Pro 13 Retina)

Appleが発表した新製品の中に、MacBook Pro 13インチのRetinaディスプレイモデルがありましたね。13インチで驚くべき高解像度。これはよいですね。現在使っている15インチモデルの優位性がなくなってしまうくらいに。そんなお話。

MacBook Pro 13インチのRetinaディスプレイモデルは、ぱっと見た感じでは従来のモデルとほとんど違いがないのだけれど、薄さ1.9cm、重さ1.62kgと20%薄く、440gも軽いコンパクトな筐体に生まれ変わっております。これだけでも凄いです。

しかも、液晶ディスプレイの解像度は驚きの2,560×1,600ピクセル。私が現在使っているMacBook Pro(Early2011)は、標準解像度(1,440×900ピクセル)から1,680×1,050の高解像度ディスプレイにカスタマイズしてあるのだけれど、それを軽く凌駕するもの凄い高解像度です。こうなってくると15.4インチのRetinaディスプレイモデル(解像度は2,880×1,800ピクセル)を選ぶ必要性を感じないほどですね。まぁ実際のところ、クアッドコアやグラフィックプロセッサの部分で15インチモデルのハイスペックぶりが露呈するのですけれども。

プロセッサは標準でIntel Core i5プロセッサ(2.5 GHz)を搭載。グラフィックスはIntel HD Graphics 4000、メモリは8GB、そして最大768GBのフラッシュストレージというスペック。

簡潔に電源ポートがMagSafe2に進化、FireWireポートとギガビットEthernetポートを失った代わりにThunderboltポートが1つ増えています。失ったFireWireポートとギガビットEthernetポートについては必要であればThunderboltから変換するアダプタがオプションで購入できるので問題ないと思います。

また、SuperDrive(光学ドライブ)を失いましたが、これも昨今では携行する必要性を感じないので不要でしょう。必要ならばオプションで外付けのドライブを購入すれば問題なしです。そして、新たにHDMIポートが追加されました。これは変換コネクタを使わずともハイビジョンテレビに接続できたりして便利かもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー





カレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の日記はこちら

キーワードで検索