弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

Macbook Airを見てきました…。

 仕事仲間のLIFEさんが「大型電機店でMacbook Airを触ってきましたよ」と教えてくれました。もう展示されているそうで。私も行ってきました。実際に触れてみると、確かに…初代Macbook Airで気になったボディのたわみは、新型ではまるでないですね。さすがはアルミのユニボディ。良い仕事をしているようですね(笑)。採用されているフラッシュストレージによって、CPUの速度以上に体感速度が速いと思いました。

 妻が使っているiMac(FlatPanel)がそろそろ寿命を迎えそうなので、私のiMac(Mid2007)を妻のマシンにして、私が新しいMacを購入したいところなのですが、11インチのMacbook Airはメインマシンになり得るか…。今、一番の悩みどころです。

 パソコンを持ち運んで使うことがあり(仕事や音楽関連で)まして、現在はそれをネットブックが受け持ってくれています。仕事ではネットブックで何の問題もないのですが、音楽関連の作業では画面の解像度が足りないですし、CPUの性能や1.8インチHDなどに起因するレイテンシーの問題があります。

 外出時の使用がiPadで足りるならば購入するパソコンは迷わず大画面のiMacになるところですが、もしそうでないならばノートPCですべてをまかなうという選択しもあります。ただしMacbook Airが新しくなった現段階で、液晶パネルの性能と画面の解像度の関係を見る限りでは、MacbookやMacbook Proを選ぶ理由が見当たりません。Macbook Airの液晶の解像度は11インチモデルでも13.3インチあるMacbookやMacbook Proの解像度と同じだからです。

 色々考えると…もう少し待つのが良いかもしれません。

 仕事でも使う兼ね合い


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去の日記はこちら

キーワードで検索