弐条海月の とはずがたり

そこはかとなく書き綴るブログなるもの

「Ubuntu 9.10」で「iBus」ではなく「SCIM」を使う方法

「Ubuntu 9.10」を使い始めてからというもの、その手の話題ばかりですが…。新しくなったインプットメソッド・プラットフォーム「iBus」が余りに使いづらいので、「Ubuntu 9.04」で使い慣れていた「SCIM」を使うことにしました。その設定の記録です。

「Ubuntu 9.04」から「Ubuntu 9.10」にアップグレードして、私が一番閉口したのが、多言語に対応したインプットメソッド・プラットフォームの変更です。「Ubuntu 9.04」までの「SCIM」から「Ubuntu 9.10」で「iBus」というものに置き換わったのですが、これがまだ新しいものらしくて不完全な印象なのです。

最初は「iBus」のキー割り当てを変更し、少しでも快適に日本語入力ができるように頑張ってみたのですが…やはり無理でした。「SCIM」で当たり前のように出来ていたことができなくなっているのは、文字入力を頻繁に行う私には致命的です。予測変換機能もないですしね。ですので、新しいモノ好きとしては「iBUS」の今後の発展に期待をしつつ、それまでは高実績の「SCIM」を使うことに決めたのでした。

そもそも、LinuxをはじめとするUNIX系OSでは、インプッドメソッドが二段構えになっています。WindowsやMacでは信じられないことですが、分かりやすく例えると「ことえり」を動かすのに、AまたはBというインプットメソッド・プラットフォームから好きなほうを選べるということです。

本編ここから

さて、いよいよインプットメソッド・プラットフォーム「SCIM」を「Ubuntu 9.10」に入れる方法について描いていきます(笑)。

「Ubuntuソフトウェアセンター」にて「SCIM」で検索。出てきた「SCIM Input Method Setup」をインストール。すると、システムの「設定」の中に「iBusの設定」のほかに、今までなかった「SCIM入力メソッドの設定」が表示されました。おおっ…なんか嬉しい(笑)。

「SCIM」を選ぶ

「SCIM」を選ぶ

ですが、そこをいじるのは後です。先に「システム管理」のほうの「言語環境」で、使用するIMを「SCIM」に変更します。その後再ログインすると「SCIM」が使えるようになっているはず…。

ログインしても使えませんでした…(泣)。どうやら「言語環境」で選ぶ項目は「SCIM」ではなく「SCIM-bridge」という項目のようです。気を取り直して再度ログインすると…「SCIM」が表示されました!

さっそく文字入力を試そうとしましたが…何かおかしい…。あれっ?日本語入力IMの「Anthy」がない…。「iBus」にも「Anthy」が入っているはずなのに、SCIMのそれとは別物のようです。

仕方ないので、今度は「Ubuntuソフトウェアセンター」よりも細かくアプリケーションの管理ができる「Synapticパッケージ・マネージャー」を立ち上げ、SCIM検索。日本語入力に関するパッケージが表示された中から、必要と思われるものを選択します。すでに導入した「SCIM」関連にはチェックが入った状態です。

こんなことならば最初から「Synapticパッケージ・マネージャー」を使えば良かった…と思いつつ、scim-anthy、そしてscim-tables-jaを選択。すると、依存関係にあるscim-modules-tableも選択されました。これでいいのかな?その後、SCIMの設定画面を開くと…見事Anthyが表示されていました!

でもまだ使えない…というわけで再ログインです。そう言えば…再ログインと何度も書いておりますが…ログオフ…ログインの動きはスムーズなので面倒ではないです(笑)。

ここまでの作業で「SCIM」にて「Anthy」が無事に使えるようになりました…。でもscim-tables-jaとscim-modules-tableは、実はいらなかったみたいです。anthyのほかに日本式というIMがインストールされました。これがscim-tables-jaのようです。普通に文字入力しても意図する変換をしてくれない…日本式(笑)。使い方が分からないので、この2つはアンインストールしておきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





カレンダー

2009年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去の日記はこちら

キーワードで検索